尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:30

ホーム > 理事長よりごあいさつ

「私が思っていること」

 問題。普段それほど親しくない人が集まって、一つの目的を与えられると、ほぼ全員がその目的を達成しようと一致団結することとは?

 

答えは     綱引き!

 

 先日、地区の運動会に参加した。綱引きの選手であることは前日に知り、“勝てないだろうなあ”と思ったことは認める。運動会当日。普段挨拶程度の近所の人たちと共にチームを結成。綱を握ると“勝ちたい!”と素直に思う。ホイッスルと共に綱を引き始める。ホントみんな必死。自分も必死。ただ、綱を引いて赤い線が自分のチームにくることだけを目的として。チーム25人の目的は一つ。自分の最大限の力を発揮して綱を引くこと。この状況で力を抜く人はいない。1回戦は勝った。今まで全く声をかけたこともない、名前も知らない人とハイタッチ!みんな純粋に喜ぶ。目的も戦術もシンプルだ。

 7月から病院改修のため30床減となり、どう考えても経営が大変になるのは想定内。

でも、することは各部署、各病棟が最大限の力を発揮して乗り越えるだけ。それぞれが自分たちの役割をしっかり認識し、何をすべきか、どう動くべきかを考え実行していく。

 まさに、綱引きだ。

 目的がはっきりして、役割が分かり、どう進むべきかが明確であればあるほど力は発揮しやすい。

 

目的:赤いラインを自分チーム側へ引き寄せる。

役割:力の限り綱を引く。

 

 もちろん、これは経営面での目的である。病院本来の目的ではないが、経営面での目標が達成できないようでは、磐石な病院とは言えないだろう。最近の各部署、各病棟の動きを見ていると少しずつ磐石化してきていると感じる。目的へ向けて自分たちで考え、自分たちが主体となって行動できていると思うからである。そして、なによりスタッフが明るいように感じる。

ページトップへ