尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:30

ホーム > 院長よりごあいさつ

院長よりごあいさつ

医療モデルから生活モデルへ

 尾﨑病院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 医療には病気を治癒せしめる(cure)役割と 病気の後遺症や病を持っていても、病気、機能障害に対して医療を行い、住み慣れた環境で豊かに生活するために支援する医療(care)があります。

 前者を医療モデルの医療、後者を生活モデルの医療といいますが、当院のミッションである“人生後半のトータルサポート”はまさに生活モデルの医療そのものと考えます。

 目的とするものは生活の質の向上(QOL)であり 目標は生き生きとした生活が送れること、すなわち活動と参加です。どのような障害があっても生活の場(家、施設、地域)で役割が与えられ、役割を果たす(活動)。そして、できれば地域のイベントへの参加に結び付けば最高ですね。

 尾﨑病院では上記のミッションを果たすため、病床機能の異なる、一般病床、回復期病床、療養病床を用意し、地域リハビリテーションとして通所リハビリ、訪問リハビリ、訪問看護、居宅支援事業を立ち上げています。

 超高齢社会の到来を迎え、限られた時間を生きる患者を対象にすることが多くなり、そのため、患者の価値観に沿った医療を提供し、生き方を支援することが何よりも重視されるべきと考えます。今後、病院としても在宅生活への移行支援や在宅医療支援を通じて高齢者医療への寄与、超高齢社会の生き方、死に方などについて、看取り文化を再考するとともに、地域包括システムの圏域内での役割を着実に果たしていく所存です。

 関係各位におかれましては、ご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願い申し上げます。

院長
鱸 俊朗