尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:30

ホーム > ご案内 > 病院の概要と沿革

病院の概要と沿革

概要

名称 医療法人社団 尾﨑病院
所在地 〒680-0941 鳥取県鳥取市湖山町北2丁目555 » 地図
電話番号:(0857)28-6616 FAX番号:(0857)31-0730
ホームページ http://www.ozakihp.or.jp/
mail email@ozakihp.or.jp
開設者 理事長 尾﨑 舞(鳥取大学医学部第一外科出身)
管理者 院長 鱸 俊朗(鳥取大学医学部整形外科出身)
開院 平成3年10月
各種指定 ・保険医療機関
・労災指定医療機関
・原爆被爆者一般疾病医療機関
・感染症法(旧結核予防法)に基づく指定医療機関
・身体障がい者福祉法に規定する医療機関
・生活保護法による指定医療機関
・難病の患者に対する指定医療機関
・小児慢性特定疾病医療機関
・指定自立支援医療機関
 整形外科(育成医療・更生医療) 腎臓(更生医療)
診療科目 内科、外科、整形外科、皮膚科、呼吸器内科、循環器内科、糖尿病内科、神経内科、リハビリテーション科、人工透析内科、ドック・健診
病床数 180床
一般病棟 30床
回復期リハビリテーション病棟 30床
療養病棟
入院基本料1 120床
外来 透析センター 35床
併設 通所リハビリテーション事業所
訪問看護ステーションおざき、居宅介護支援事業所
職員数 職員総数301名(医師常勤換算・委託派遣人数含まず)
平成30年4月1日現在
医師 12名(常勤9名 非常勤3名 常勤換算後)
看護師 81名
准看護師 25名
介護福祉士 37名
看護補助者 26名
薬剤師 2名
放射線技師 3名
臨床工学技士 8名
管理栄養士 2名、栄養士 1名
臨床検査技師 4名
理学療法士 35名
作業療法士 18名
言語聴覚士 5名
鍼灸マッサージ師 3名
ケアマネージャー 2名
社会福祉士 2名
その他 35名

ページトップへ

沿革

年月 内容
昭和57年 6月 尾﨑外科医院(診療科5科、病床数19床、職員12名)開院
58年 9月 透析センター(ベッド数3床)業務開始
61年 7月 夜間透析(週3回、ベッド数10床)業務開始
62年 4月 尾﨑外科医院を医療法人社団尾﨑外科診療所として法人設立登記
平成 1年 5月 眼科を新設(診療科6科)
2年 4月 麻酔科を新設(診療科7科)
2年 8月 尾﨑病院新築工事着工
3年10月 新築工事竣工、医療法人社団尾﨑病院としてして設立登記
診療科7科(内科・外科・整形外科・麻酔科・眼科・皮膚科・泌尿器科)、一般病棟50床、透析20床にて新館部分での診療業務を開始。
旧館改修工事着工
3年11月 放射線科を新設(8科)
4年 3月 旧館改修工事終了、全館での診療開始
4年 4月 人間ドック業務を開始
7年 6月 一般病棟10床増床 計60床
7年10月 一般病棟15床増床 計75床
10年 4月 新病棟新設の為、3階部分改築開始
10年 6月 改築終了、療養型病床群44床を新設
一般病棟10床増床 計85床 総病床数 129床
10年 8月 麻酔科廃止 診療科7科(内科・外科・整形外科・眼科・皮膚科・泌尿器科・放射線科)
10年11月 療養型病床群16床を増床
療養型60床 一般85床 総病床数145床
12年 1月 療養型病床群27床を増床 一般病床25床を療養型へ転換
療養型112床一般60床 総病床数172床
12年 3月 理学療法Ⅲ
12年 4月 介護療養型医療施設開設 26床
リハビリテーション科新設(診療科8科)
院外処方開始
12年 7月 病床変更 介護療養型医療施設増床52床 一般60床 医療保険適応型療養60床 介護保険適応型療養52床
12年11月 呼吸器科・循環器科・神経内科開設 診療科11科
12年12月 ホームページ開設
13年 3月 リハビリテーション棟着工
13年 6月 リハビリテーション棟完成 理学療法Ⅱ 作業療法Ⅱ
13年 7月 通所リハビリテーション施設開設
13年 9月 居宅介護支援事業所開設
14年 4月 消化器科開設(消化器疾患全般)
14年12月 介護療養型医療施設8床増床
一般60床 医療保険適応型療養60床 介護保険適応型療養60床
15年 1月 外来往診・訪問看護開始(利用者3名)
17年10月 透析センター 2クール導入
18年 5月 マンモグラフィー機器導入 医事システム更新
18年11月 内科(漢方)開始 診療科12科
19年11月 訪問リハビリテーション事業所開設
20年 7月 特定健診システムHabit導入
20年 8月 鼻腔内視鏡導入
21年12月 透析センター 夜間透析終了
22年 3月 透析センター 全自動コンソール・高純度水処置装置導入
22年 7月 放射線科 遠隔診断システム導入
22年10月 回復期リハビリテーション病棟開設
22年11月 レントゲン撮影電子化開始
23年 4月 外科・内科・整形外科・呼吸器内科・神経内科・泌尿器科・皮膚科・リハビリテーション科・人工透析内科 診療科9科
23年 9月 訪問マッサージ開始
24年 9月 訪問看護ステーションおざき開設 亜急性期病床4床開設
25年 6月 亜急性期病床4床増床 計8床
25年10月 介護保険適応型療養60床のうち22床を医療保険適応型療養へ転換
26年 8月 介護保険適応型療養38床を医療保険適応型療養へ転換
27年 4月 回復期リハビリテーション病棟2床増床 計29床、一般病棟31床
27年 9月 訪問看護ステーションおざき サテライト河原 開設
28年 4月 障がい児・者及び小児整形外科開始
28年 6月 スポーツ整形外科開始
28年 8月 渡航外来・床ずれ(褥瘡)外来開始
29年11月 回復期リハビリテーション病棟1床増床 計30床、一般病棟30床

ページトップへ